どこがおすすめ?アメリカ大手レンタカー会社の比較まとめ

2019年5月13日海外旅行

アメリカ大手レンタカー比較

 

アメリカへ行ったら、レンタカーを借りてドライブしてみたいですよね。

車でしか行けない国立公園や憧れのルート66を走るとアメリカ旅行がぐっと楽しくなります。

 

そこで今回は、アメリカ大手レンタカー会社5社の特徴をまとめていました。

 

料金だけでなく、24時間日本語サービスなどの付加価値があるかないか等を含め、レンタカー会社を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

アメリカ大手レンタカー会社5社の特徴

 

アメリカ大手レンタカー会社といえば以下の5社です。

 

ざっくりいうと、お値段がリーズナブルなのがAlamo、Dollar Rent A Car、Budgetの3社Hertz、Avisはワンランク上のレンタカー会社です。

 

わたしのようにちょっと英語が苦手な方や、アメリカで運転初心者の方は「日本語緊急ダイヤル」があるレンタカー会社を選ぶと安心ですし、行きと帰りで違う空港を使う方は、乗り捨て料金が安いまたは無料のレンタカー会社を選ぶと料金をセーブできますね。

 

・Alamo
・Dollar Rent A Car
・Budget
・Hertz
・Avis

 

 

Alamo(アラモ) 

 

Alamoは、アメリカ・カナダ・ヨーロッパなど70カ国以上に営業所があり、日本から予約すると現地払いのドル建てか、円建て前払いかを選択できます。

レンタル開始前のキャンセル料は無料!なので、早めに予約してもいいですね。

唯一ディズニーのオフィシャルカーレンタルカンパニー。リゾート内に営業所があるのはアラモレンタカーだけ(フロリダ・カリフォルニア)です。

24時間日本語サービス (1-800-803-4444)があるので英語が苦手な人にも安心。Japanese Speaking Agent、Pleaseと言いましょう。

Kioskというマシンで自動チェックイン(日本語可)できる空港もあり、英語を話さずに車を借りられます。

Aramoレンタカー日本語公式サイト

 

Budjet(バジェット)

 

円建てプランで予約すると、25歳未満のドライバーの追加料金が無料となりお得。

カリフォルニア州内であればほぼ乗り捨て料金が無料

空港でのピックアップ方法や、有料道路についての動画コンテンツが豊富。初めてアメリカでレンタカーをする人には非常に役に立ちます。

バジェットレンタカー日本語公式サイト

 

Dollar Rent A Car(ダラーレンタカー) 

 

全米とカナダに特化したレンタカー会社。

カリフォルニア州とネバダ州ラスベガス、アリゾナ州で乗り捨て料金無料(一部営業所有料)。LAに入ってレンタカーでグランドキャニオンや国立公園を回ってラスベガスから日本に帰るというルートに最適ですね。

24時間日本語アシスタントダイヤルがあるので英語が苦手な人にも安心。

ハワイ・アメリカ本土 1-808-922-1877(携帯から)
           1-800-394-2246(固定から)

 

ハワイでは、日本の運転免許証だけでレンタカーを借りられますが、念のため免許の翻訳をしておくとなにかあったときに安心です。

Dollar Rent A Carは、免許の翻訳を無料でしてくれます。アメリカ本土は国際免許が必要ですが、ハワイやグアムであればこちらの翻訳を利用してもいいかも。

Dollar Rent A Car日本語公式サイト

 

Hertz(ハーツ)

 

全米に5000営業所をもつレンタカー会社です。

車の台数も多く、車種も豊富なのでこだわりのアメ車に乗りたい人はHertzがいいかも。

ハワイでは、日本の運転免許証だけでレンタカーを借りられますが、念のため免許の翻訳をしておくとなにかあったときにいいです。

Hertzもダラーレンタカー同様、免許の翻訳を無料でしてくれます。アメリカ本土は国際免許が必要ですが、ハワイやグアムであればこちらの翻訳を利用してもいいかも。

Hertzレンタカー日本語公式サイト

 

Avis(エイビス)

 

エイビスといえば、赤い看板が目印。全50州すべてに営業所がありマイナーな空港にもあります。

手続きが迅速で、貸し出しの際の時間のロスが少ないと評判

日本で予約できるお得なパッケージ料金は日本円支払いなので、レートが変わらず安心です。またレンタカーを借りる際に手続きが非常に楽ちんなのがいいですね。現地でドル払いもできます。

 

Avisレンタカー日本語公式サイト

 

まとめ

 

みてきたところ、個人的にはAlamo(アラモ)が一番おすすめです。リーズナブルかつ日本語緊急ダイヤルやディズニーのオフィシャルレンタカー会社であることから、Alamo(アラモ)がよさそうです。

 

なお、目的別におすすめのレンタカー会社を以下にまとめたので参考にしてみてくださいね。

 

英語が苦手な人におすすめ

日本語無料コールがあって安心

・Alamo(アラモ)

・Dollar Rent A Car(ダラーレンタカー)

 

ハワイ・グアムで国際免許を取るのがメンドウ

無料で日本の免許を英語に翻訳してくれる

・Dollar Rent A Car(ダラーレンタカー)

・Hertz(ハーツ)

 

乗り捨てする予定がある

・Budjet(バジェット)

・Dollar Rent A Car(ダラーレンタカー)

 

車種にこだわりたい

・Hartz(ハーツ)

 

ディズニー好きさんにおすすめ

ディズニーリゾート内に営業所が唯一ある

・Alamo(アラモ)

 

アメリカでレンタカーを借りた時のよくあるトラブル

 

わたしは、上記すべてのレンタカー会社で借りたことがありますが、ぶっちゃけどのレンタカー会社で嫌な経験もしたこともなく、あまり差は感じませんでした。

たぶんそれは、夫がアメリカ人だからということもあると思います。日本人のわたしが先に行くと店員の態度があまりよくなくても、夫が後からくるとあからさまに態度がよくなることがありました。日本人はなめらますのでご注意ください。

 

「アメリカ レンタカー トラブル」でぐぐると色々でてきますのでレンタカーを借りる方は読んでおくとトラブルに対処しやすいかと思います。

よくあるトラブルは、アップグレードやオプションを勝手につけられた。アップグレードは無料と言われてしたら後日請求された。保険の二重請求など請求がらみが多いようです。

 

日本でも、不安なときは相手の名前を必ず聞き返し内容を確認しますよね。なので英語に自信がなくても単語でいいのでその場で必ず質問して確認しましょう。

できれば、借りるときや返却の際はやりとりや借りた車を動画や写真で撮る、心配であれば書面に書いてもらう等証拠を残しておくといいと思います。

なお、アメリカでレンタカーを運転する際のコツや注意点について別記事で紹介しています。アメリカで運転するのはちょっと緊張しますよね。よかったら参考にしてくださいね→『アメリカで初めてレンタカーを運転する際のコツと注意点

 

皆様、トラブルに気をつけてアメリカでよいドライブを♪

Posted by oregon37