【五反田】本場台湾の朝ごはんで大人気『東京豆漿生活』に行ってきた

お散歩

東京豆花生活

 

五反田駅から自宅のある大崎駅まで散歩していたところ、行列のある1軒のお店を発見しました。

それは、東京豆漿(トウジャン)生活という台湾の朝ごはん屋さんでした。

さっそく、行ってみました。

 

東京豆漿(トウジャン)生活とは

 

東京豆漿(トウジャン)生活は、台湾式あさご飯を提供しているお店です。

豆花とは、絹ごし豆腐のような食感の豆乳で作られたプリンのようなデザート。 おかず系の豆花もありとてもバラエティ豊かな台湾を代表する食べ物です。

この豆花とパンをメインにした本場台湾の豆花が味わえるお店が、東京五反田でにある東京豆漿(トウジャン)生活さんです。

こちらのパンもお店で丁寧に焼かれています。

わたしはピーナッツ入りのパンと、このお店で一番人気の「鹹豆漿(シェントウジャン)」という豆乳スープを注文しました。

 

豆花とピーナッツパン

 

パンは、ちょっと小ぶりで1つじゃ足りないかな?と思いましたが、けっこう中身がぎっしりしていて思ったよりは食べごたえがありました。ただ女性でも2つはオーダーしたほうがいいと思います。

うちのアメリカ人夫は、大食いなのでこのパンだったら10個以上食べないとおなかいっぱいにならないと思います(笑)

こちらのパンは、パンとパイの中間のようなさくさく食感ですごくおいしかったです。

 

わたしはこちらの東京豆漿(トウジャン)生活さんには、9時50分くらいに着きました。朝8:00オープンですが、あまり遅いとパンが売切れてしまうとネットに書かれていたためです。

わたしが行った時点ではまだパンがありましたが、徐々に少なくなってきていました。↓

台湾式パン

 

「鹹豆漿(シェントウジャン)」という豆乳スープもすごくやさしい味で、朝からゆたかな気持ちになりました。おいしかったです。

 

店内はあまり広くはないので、長居はできないと思ったほうがいいです。お客さんがひっきりなしにきますので、食べたらすぐ出るかんじになります。

素朴な印象のインテリアで、ザ台湾という雰囲気がよかったです。

席はオーダーしてからになるので、注文前に確保しないようにご注意ください。

 

東京豆漿(トウジャン)生活の場所は?

 

JR五反田駅から徒歩3分。大崎広小路駅から徒歩1分。

まあまあアクセスの良い場所にあります。

わたしは自転車で行きましたが、お店の前に自転車を停めるところがなかったのでちょっと遠くにとめました。

8:00からやっているので早起きして台湾式朝ごはんを食べに行かれてもいいかもしれませんね。

東京で台湾の朝ごはんが食べられる貴重な食堂です。

東京豆漿(トウジャン)生活

【住所】東京都品川区西五反田1-20-3
【営業時間】 8:00〜14:00 売り切れ時は閉店
【定休日】日曜日
【TEL】03-6417-0335

Posted by oregon37