【2020-2019】樹氷の見頃は?山形蔵王と宮城蔵王どっちがいい?

2019年10月31日国内旅行, 旅行

蔵王樹氷

樹氷は「アイスモンスター」とも呼ばれ外国人にも大人気ですよね。

また、樹氷は蔵王や八甲田山、秋田県の阿仁スキー場のごくごく限られた地域でしか見られないとても貴重な自然現象です。

 

「樹氷の見ごろはいつ?」

「蔵王に樹氷を見に行きたいけど、山形蔵王と宮城蔵王どっちがいい?」

そんな疑問にお答えします。

 

2019年12月~2020年3月の間に、今年こそは樹氷を見に行こうと考えている方の参考になればと思います。

 

樹氷の見ごろはいつ?

 

蔵王樹氷はアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできたもの。樹氷は1月からだんだん育って2月にもっとも見頃を迎え、気温の上昇により除々に小さくなっていきます。

以下の画像をご覧ください。画像は2017年3月27日に私が山形蔵王で撮影したものです。樹氷一つ一つが溶けて小さくなっているのがお分かりになると思います。

できれば、樹氷をみるなら見頃の2月がいいと思いますが、3月でも樹氷十分楽しめました。

しかし、蔵王ロープウェー公式サイトによれば、蔵王の気象は”2月頃は快晴の日が少なく、風向きは北西から西を示し、平均風速10〜15m/s、平均気温マイナス10〜マイナス15℃の吹雪の世界です。” と言っています。

天候情報をこまめにチェックして、樹氷が見られるタイミングをちょっとでも逃さないようにしましょう。ちなみに私が行った時、樹氷が見られた時間は10分程度でした。

山形蔵王の樹氷
山形蔵王の樹氷(2017年3月27日撮影)

なお、2019年2月6日付の山形新聞の記事によると樹氷が見頃のようです『青と白―樹氷くっきり、絶景 山形・蔵王温泉スキー場

 

樹氷は山形蔵王と宮城蔵王どっちがいい?

 

樹氷は、以下の場所で山形蔵王・宮城蔵王どちら側でもみることが出来ます。順番に解説していきますね。

山形・宮城蔵王エリアマップ

山形蔵王

山形蔵王は、「蔵王温泉スキー場」の隣から樹氷へロープーウェーで行きます。

ロープーウェーの営業時間内であれば、予約なしで自由に樹氷を見に行くことができます(悪天候だと運行されない日があるので注意)。

また、スキーをされる方はスキーしつつ、樹氷を見るのもいいですね。

なお期間中は樹氷のライトアップが実施される日も(限定47日だけ!)。寒いので自然にくっつけるからデートにもおすすめです。寒さが苦手な人は暖房つきのナイトクルーザー号で樹氷鑑賞もできます。

ちなみに、地蔵山頂駅の標高は1661m。3月下旬でもロープーウェー内は極寒でした。寒さ対策は万全に!

蔵王ロープウェー

営業時間:8:45~16:45
所要時間:蔵王山麓駅-(7分)-樹氷高原駅-(10分)
     樹氷高原駅-(10分)-地蔵山頂駅
料  金:3,000円
住  所:山形市蔵王温泉229-3
電  話:023-694-9518

ライトアップ日程
2019年12月28日(土)~2020年2月29日(土)
(17:00-21:00上りは19:50迄)

暖房つきのナイトクルーザー号に乗って樹氷を楽しむこともできます。
大人4,500円、小児3,800円

蔵王ロープウェー公式サイト

 

 


宮城蔵王

 

宮城蔵王は、「すみかわスノーパーク」から雪上車に乗って樹氷を見に行きます。雪上車は完全予約制です。見頃である2月の週末は予約が取れなくなることも。予約はお早めに。

すみかわスノーパークまでは、遠刈田温泉から無料バスが運行しています。また、仙台駅東口からすみかわスノーパークまで、樹氷号(有料・予約要)が運行しています。樹氷とセットになったお得なチケットもあるので要チェックです。アクセス・送迎のページ

雪上車ワイルドモンスター号(予約制)

期  間:2019年12月14日~2019年3月15日迄
出発時間:1日2便
    (11:00-13:00 13:30-15:30)

     臨時便あり
    (9:00 or  15:30出発)
所要時間:約2時間(樹氷散策10分程度)
料  金:大人5,000~7,000円(時期による)
     小人4,000~6,000円(グレードによる)
設  備:ガイドさん付・暖房完備
    (車内は冬服OK。観賞には防寒着必須)

雪上車ワイルドモンスター号

 

雪上車の空きを調べる

雪上車予約TEL:0224-85-3055

>>みやぎ蔵王樹氷公式サイト

 

道路情報

 

蔵王までの交通情報は、道路に積雪があるかもしれないのでとても大事です(チェーンやスタットレス必須)。以下のサイトはとても参考になったのでよかったら、ご参照下さい。↓

 

>>ライブカメラ情報があって分かりやすい山形県内の交通情報サイトはこちら

 

>>高速道路の状況を調べる

 

 

まとめ

 

山形か宮城どちらの蔵王に樹氷を見に行くのがいいかというと、急に樹氷を見たくなった人は予約の必要ない山形蔵王がいいですね。山形蔵王の樹氷へはロープウェーを乗り継いで自由に見に行けます。

一方、宮城蔵王の樹氷へは、ガイド付き暖房完備の雪上車で快適です。天候が急変しても安心ですね。乗車してしまえば座って外の景色をゆっくり楽しめるので、歩くのが苦手な高齢者やお子さんには宮城蔵王がいいと思います。

ただ、宮城蔵王の雪上車の乗車時間は2時間と長いです。私のようにお腹が弱い人やトイレが近くて心配な方は山形蔵王の方がおすすめです。

 

山形蔵王の山頂にはレストラン(トイレ)があるので、そこで軽食しつつ樹氷が見られるタイミングをゆっくり待つのもいいでしょう。

また、山形蔵王は週末等ライトアップがありとても綺麗です。ただ、日中でも外はかなりの寒さなので夜はちょっとムリという方には、暖房つきのナイトクルーザー号もあります。

また、山形蔵王ロープウェーのふもとにある蔵王温泉街で名物のずんだ餅を食べて、日帰り風呂も良かったです。

 

地球温暖化でいつか樹氷が見られなくなる日がくるとも言われています。

今年は是非、蔵王の樹氷を見に行かれてはいかがでしょうか♪

 

なお、日本三大樹氷はご存じですか?蔵王、八甲田山秋田県の阿仁スキー場が三大樹氷です。よかったらそれらもチェックしてみて下さいね。

Posted by oregon37