【上海】旅行者もごみの分別にご注意!罰金もアリ?!

2019年7月19日旅行, 海外旅行

ゴミの分別

 

2019年7月1日より中国上海市では、『ゴミ強制分別法』が施行されました。

これに伴い、旅行者でも上海市にいるならゴミを分別せずに捨てると罰金が科せられることも。

 

日本人はゴミを分別して捨てるという習慣ができているので、特に問題はないと思います。

ただ、上海市とゴミの分別の仕方が違うことや、旅行者に影響することがあるのでご紹介しますね。

 

公共のゴミ箱に捨てていいものとは

 

上海市内に設置してあるゴミ箱は、ほとんどが「可燃ゴミ」と「資源ゴミ」のゴミ箱です

上海市のゴミは、大きく分けて以下の4つになります。

①生ごみ ー食品、果物の皮など
②資源ごみー紙、プラスチック類、ガラス製品、金属製品など
③有害ごみー乾電池、点灯管、薬品、ペンキとその容器など
④可燃ごみー上記以外のごみ

 

日本では生ゴミは可燃ごみなので、間違って「可燃ごみ箱」に食べ物の残りを捨てないように注意しましょう。

また、品川区ではプラスチック類も可燃ごみですが、上海市では資源ゴミになるのでご注意くださいね。

 

ホテルは無料アメニティーグッズを置かなくなる

 

ゴミの分別について日本人旅行者には問題ないと思いますが、ゴミ強制分別が施行されることにより、上海市にあるホテルではすすんで無料アメニティーグッズを提供できなくなります。

 

くださいと依頼すればもらえるようなのですが、使い捨てという資源の無駄を減らすために上海旅行にはアメニティーグッズを持参し少しでも地球に貢献したほうがよさそうですね。

上海に旅行に行く際は、お気に入りのアメニティーグッズを持参しましょう。

 

レストランも使い捨て箸・スプーンを置かなくなる

 

上海市内のレストラン等でも、使い捨ての箸やスプーンは率先して提供できなくなります。

できれば箸やスプーンを持参したいところですが、旅行中となると衛生的にちょっと難しいかなと思われますが…My箸やスプーンを普段持ち歩いている方はぜひ。

食事を食べるときやテイクアウトの際は、箸やスプーンを忘れずにもらうようにしましょう。

 

上海市のゴミの量は毎日2.6万トン

 

上海市のゴミの量は毎日2.6万トンだそう。これがどれくらいの量かというと2.5トンのトラックゴミ収集車1万台以上で、このトラックを並べると上海市の中心部を一周してしまうほどだそうです。毎日すごい量ですよね。

 

2018年に、上海市が生み出したゴミの量は、毎日2.6万トンで、年間900万トンを超えました。毎日このゴミを運送するために必要な、2.5トンのトラックゴミ収集車は1万台以上。このトラックを並べると、上海市の中心部を一周することになります。

(引用:withnews『上海でついに「ゴミ強制分別」施行、日本人観光客への「意外な影響」』)

 

ゴミ処理がおいつかなくなっていることや、上海市はゴミ分別のモデルシティーであることから上海市民もゴミを分別しなくてはという気になっているようです。違反すると罰金というのも効果があるようです。

 

まとめ

 

というわけで、今回は上海市にこれから旅行に行かれる方に、上海市のゴミの分別に関しての影響についてお話ししました。

近年は海洋ゴミ問題でいかにゴミを減らしていくかに注目が集まっています。

わたし自身もMYバッグを持参しなるべく買い物袋を減らすようにしています。

上海市に行っても、ゴミの分別やなるべく使い捨てのものをもらわないようにして地球に貢献したいものですね。

 

Posted by oregon37