うさぎ島(大久野島)へのアクセスは?

2020年1月14日国内旅行, 旅行

大久野島 うさぎ
大久野島 集まってきたうさぎ達

 

外国人のSNSで瞬く間に人気になったウサギ島はご存知ですか。

実はわたしも知りませんでしたが、アメリカ人の夫はうさぎ島を知っていました。

瀬戸内海に浮かぶウサギ島「広島県にある大久野島(おくのしま)」に先日行ってきました。

 

野うさぎが本当にたくさんいて、うさぎまみれを体験できます♪

今回は、そんなウサギがいっぱいいる広島県竹原市にある大久野島(おくのしま)へのアクセス方法と島の見どころをたっぷりご紹介しますね。

 

ウサギ島(大久野島)への行き方

 

まずは、ウサギ島への行き方をご紹介しますね。

大久野島へは、橋がないためフェリーで行くことになります。行きかたは以下の3通り4通りです。

 

なんと、ウサギ島へ2018年12月より『竹原港』発フェリーでも行ける様になりました!

 

竹原港⇔ウサギ島のフェリーは、アイドルグループ嵐のJALのCMの撮影地竹原の町並み保存地区を観光して、その足でウサギ島へサクッとアクセス出来ちゃいます♪♪

 

わたしの別記事で、アニメたまゆらの聖地でもある竹原の町並み保存地区について紹介しています。良かったらお読み下さいね。⇒『広島県竹原市に行ってきました。おすすめ観光スポットをご紹介♪

 

では、ウサギ島(大久野島)へのアクセス方法をおすすめ順に紹介しますね。

地図だと位置関係はこんなかんじ↓

ウサギ島へのアクセス

 

竹原港(広島県竹原市)⇔ウサギ島(大久野島)
②忠海港(広島県竹原市)⇔ウサギ島(大久野島)
③盛港(愛媛県大三島市)⇔ウサギ島(大久野島)
④三原港(広島県竹原市)⇔ウサギ島(大久野島) ラビットライン

 

①竹原港⇔ウサギ島(大久野島) 往復1600円/片道800円 フェリー約25分
※火曜日・水曜日運休。火曜日または水曜日が祝日の場合は木曜日が運休日。
 ↓↓
時刻表はこちら

②忠海港(広島県竹原市)⇔ウサギ島(大久野島) フェリー15分 往復320円
無料駐車場あり。チケットは乗船前に購入。
 ↓↓
時刻表はこちら

③盛港(愛媛県大三島市)⇔ウサギ島(大久野島) フェリー15分 往復620円
無料駐車場あり。チケットは乗船前に購入。
 ↓↓
時刻表はこちら

三原港(広島県竹原市)⇔ウサギ島(大久野島) ラビットライン
 フェリー30分 往復大人2600円
※土日祝のみ運行。電話・ネット予約ができる。現地でも30分前から購入可。
 ↓↓
時刻表と電話・オンライン購入や詳細はこちら

 

わたしは、ウサギ島へは②忠海港から行きました。前日に竹原市の町並み保存地区を訪れ宿泊していたことと、まだ①竹原港⇔ウサギ島のフェリーがなかったからです。

②忠海港まではレンタカーを借りていたので車で行きましたが、朝は駐車場はすいていましたが帰りのお昼ごろにはほぼ満車でした。ちなみに駐車代は無料です。

②忠海港の近くにはアオハタジャムの工場見学ができるアオハタジャムデッキがあり、そこもよかったので、往路を①竹原港→ウサギ島にした方は復路を②忠海港にしてもいいですね。

アオハタジャムデッキ

 

ちなみに①竹原港には海の駅があり広島県や竹原市のお土産が充実しています。

 

②忠海港も③盛港も大三島フェリーが運航していて、フェリーであれば車を積むことがでるものもあります。船によるので事前に確認してくださいね→大三島フェリー公式HP

時間のある方は、復路を③盛港(愛媛県)にしてしまなみ街道に抜けるのもいいかなと思います。

 

④三原港から大久野島行きのフェリー(ラビットライン)は土日祝のみ新幹線で広島に来られた方は三原港発ののフェリーが便利かと思います。三原港はJR三原駅から徒歩5分です。

ただ、三原駅にはのぞみは停まらないのでこだまかひかりに乗り換えてくださいね。復路を①竹原港にすると竹原町並み保存地区の観光ができますね。

 

現地の方に聞いたのですが、ウサギ島へはGWや夏休み等はかなりフェリーが込み合い乗れないこともあるそうなので、できれば朝早い便に乗ることをおすすめします。

なお、④三原港発のフェリーラビットラインのみ予約可能なので混雑時期には必ず予約することをオススメします。

 

ウサギ島(大久野島)について

 

猫の島はいろいろあるけど、うさぎ島はここ広島県にある大久野島だけです。

大久野島と書いて「おくのしま」と呼びます。

ここでは大久野島の魅力をたっぷりご紹介しますね。

 

ウサギ島 ウサギ耳
大きなウサギ耳で波の音が聞けます

 

ウサギ天国

 

大久野島 うさぎ
大久野島 餌に群がるうさぎさん達

 

大久野島は、広島県竹原市から3kmのところにある瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

周囲4.3kmの島で、徒歩で十分みて回れます。歩くのが嫌な人はレンタサイクルもありますし、船着場から無料バスが休暇村まであります。

そんな大久野島には、野生のウサギがわらわらといてまさに『うさぎパラダイス』。

公式サイトによると、ウサギは900匹以上いるそうです。

 

大久野島に行く前は、あまりウサギに興味のなかったわたしの米国人夫も

『うさぎってかわいいね。飼うのもいいね♪』

と、ウサギさんたちにハートをわしずかみにされちゃっていました(笑)

 

海がきれい

 

大久野島 きれいなビーチ
大久野島 きれいなビーチ

 

大久野島は、うさぎさんだけでなく周辺の海もとてもきれいで癒されます。
透明度が高く海の中を大きな魚が泳ぐ姿がみられました。釣りを楽しんでいる人もいました。

海水浴場もあり、わたしたちは裸足になり海で遊んだりぼーっと海を眺めたりしてのんびりと過ごすことができました。

 

わたしたちは、忠海港を8時30分に出発し、12時15分のフェリーの時間まで滞在しましたが、自転車でまわればもっとはやくみて回れると思います。

時間がなという人でもそんなに大きな島ではなくサクッとみられるので、是非うさぎ島行ってみてくださいね。

外国の方も多めでしたが、女性のひとり旅の方も多くみられました。

 

ウサギ島での宿泊・日帰り温泉

 

大久野島休暇村バスの日陰で休むうさぎさん達

 

ウサギ島には、島唯一の宿泊施設、『休暇村大久野島』があります。

 

キャンプサイトもあってキャンプも可能です。温泉もあります♪

日帰り入浴も可能です!!

 

わたしは今回は残念ながら一杯で泊まれませんでした

「宿泊して夕日や星空をみたかったなー。」残念。

 

宿はここ一軒しかないので急いで予約しましょう!

休暇村大久野島の宿泊はこちらから

 

 

別名毒ガスの島

大久野島 発電所跡
大久野島 発電所跡

 

今まで大久野島のよかったところを書いてきました。

一方、大久野島は別名『毒ガスの島』と呼ばれています。ご存知でしたか?

実はこの島で日本軍が秘密裏に毒ガスを実験・製造していたからなんです。当時は地図からも消されていました。

毒ガス資料館のビデオで知ったのですが、実際にその毒ガスを戦争時に使用したと知りショックをうけました。

そのときに撒いた毒ガスが中国や東南アジアの国で未だに健康被害をもたらしているという事実はかなり残念です。改めて戦争は絶対にしてはいけないと思いました。

それらの古い施設が廃墟となっている姿は色々考えさせられました。もふもふのうさぎさん達と毒ガス製造の日本の黒歴史のギャップにおどろくと思います。

ウサギ島にいったら毒ガス資料館を訪れてみて下さい。

 

うさぎの餌はどこで買える?

 

うさぎにエサをあげる

 

地元の人から、大久野島に行くならうさぎさんの餌を事前に買っていくといいよと言われました。

なぜなら大久野島では、うさぎの餌を買えないからです。

また、朝の方がウサギがお腹がすいているため寄ってくるので朝がおすすめとのことです。

 

わたしたちは、竹原市の忠海港の近くのコンビニでウサギ専用の餌を買いました。忠海港のフェリーチケット売り場でも買えます。

他には、きゃべつやにんじんをあげている人もいましたが、まるまるきゃべつをあげて写真とっている人もいて、あげすぎじゃないかなと心配になりました。

 

観光客のエサやりによりウサギの栄養状態がよくなり、繁殖回数が増えウサギの数が年々増加傾向にあります。

また、残った餌でイノシシやカラス等の害獣も増加し動物間で病気が伝染したり、子供のウサギが襲われる等、島の生態系のバランスが崩れる弊害が起きています。(『広島「ウサギの島」に異変 観光客の迷惑行為で崩れる生態系』参照)

たくさんの餌やりは控えましょう。

 

なお、うさぎさんに絶対にあげてはいけない食べ物について、以下のサイトが参考になりました。うさぎさんを守るために事前に確認をお願いします。

【絶対にあげてはダメ!】うさぎが食べられない食べ物まとめ

 

まとめ

というわけで、外国人に有名となりその後じわじわと日本人も訪れるようになった瀬戸内海にあるうさぎ島(大久野島)についてご紹介しました。

うさぎ島のある広島県竹原市の町並み保存地区と合わせて、わらわらと集まってくるウサギさん達に癒されにウサギ島(大久野島)にいかれてみてはいかがでしょうか。

竹原の町並み保存地区についてはこちらから⇒『広島県竹原市に行ってきました。おすすめ観光スポットをご紹介♪

 

竹原 町並み保存地区

 

竹原市公式観光サイト 大久野島

 

Posted by oregon37