フィリピンの秘境エルニドへの行き方 | 車?飛行機?

2019年3月15日旅行, 海外旅行

フィリピンの秘境パラワン島にある「エルニド」に行ってきました。

成田を出発しマニラで乗換え、パラワン島に飛びました。プエルトプリンセサ空港からエルニドまでは車で約6時間。

 

「とーっても遠かった!」

 

それでも、まるで映画の中のようなきれいなエルニドの紺碧の海は遠くても行く価値は十分あります。

 

「エルニドって、ロングドライブでないと行けないの?」

いえいえ、もっと短時間でいける方法もあります。

 

ということで、今回はエルニドへの行き方を詳しくご紹介します。

 

乗りあいバンで(プエルトプリンセサ空港⇒エルニド)

 

マニラから飛行機でパラワン島へ行き一泊し、プエルトプリンセサからワンボックスの乗りあいバンで、エルニドへ6時間かけていきいました。

水牛やヤシの木、水田など牧歌的な風景が広がる中、乗合バンは、かなりのスピードでくねくね道を飛ばしました。

途中未舗装のところもあるので車に弱い人は酔い止め必須です。私もトラベルミン飲みました。

途中トイレ休憩1回とランチ休憩がありました。
※トイレは50ペソの有料なので小銭を用意しておいて下さい。また、トイレットペーパーは個室にはなく入り口にあるので、入る前に忘れずに取るか、マイペーパー持参で

 

乗合バンの費用は700-850ペソ。車のグレードにより変わります。わたしは、行きはスタンダードで、帰りはデラックスにしました。

『スタンダード』はホテルまでピックアップにきましたが、定員10名になるまでプエルトプリンセサ空港で1時間近く待たされました。エルニドに到着した際も、予約したエルニドのホテルが遠いといって、バスターミナルでもなんでもない変な所におろされ嫌な思いをしました。

 

一方、帰りの『デラックス』のバンは、スタンダードに比べて座席が広く革シートでクッションがよく、定員になるまで待つことなく出発し、予約したプエルト・プリンセサのホテルまできちんと送ってくれました。

スタンダードとデラックスはたった150ペソの差なので、デラックスバンが断然おすすめです。

 

プエルトプリンセサ⇔エルニドの乗合いバン
プエルトプリンセサ⇔エルニド  乗合いバン(スタンダード)
エルニド 乗合いバン時刻表
乗合いバンの時刻表

 

 

 

 

 

 

 

路線バス

ちなみに、プエルトプリンセサ ⇔ エルニドは、路線バスでも行けます。

費用は500ペソ程で、所要時間7時間半。

バンに比べ時間は少し長くかかるようですが、費用を抑えたい人や地元の人と触れ合いたい人は、路線バスという手もありますね。

ただ、路線バスの費用は乗合バンの費用とあまり変わらないので、乗合バンの方がおすすめです。

 

エルニドのバスターミナル
エルニドのバスターミナル
エルニド バス
エルニドのターミナルにとまっていたバス

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機でも行けるようになりました

 

プエルトプリンセサ空港を経由せずに、2016年からエルニド空港へ直接飛行機で行けるように
なりました!

エルニド空港までは、マニラから1時間15分セブ島から1時間40分!

サクッと、飛行機であっという間です。

マニラ、セブからエルニド空港へのエアー代は、以下のとおり往復約30,000円程(スカイスキャナー)。

 

マニラまたはセブ⇒プエルトプリンセサ空港までの飛行機代+6時間のバンの費用より、直接エルニド空港への飛行機代の方が費用がかかりますが、6時間も車に乗りたくない人や、休みが長くとれない人には、

 

マニラまたはセブ⇔エルニドは、飛行機が断然おすすめ!

 

マニラ⇔エルニドAirswift
マニラ⇔エルニドAirswift フライト料金 (原典:skyscanner)
セブ⇔エルニドAirswift
セブ⇔エルニドAirswift フライト料金(原典:skyscanner)

 

まとめ

 

エルニドのあるパラワン島は、フィリピンで5番目に大きな島。プエルト・プリンセサ空港からエルニドまでは、乗合バンで北上すること6時間もかかりました。

とても遠かったけど、エルニドのエメラルドグリーンのきれいな海でのアイランドホッピングはすごく楽しかったです→「」

またいつかエルニドに行きたい。

でも6時間はもう無理なので、次回は絶対マニラかセブからエルニドまで飛行機で行きたいと思います!

エルニドは、日本人が少なくまだちょっと穴場だと思います。

みなさんもぜひエルニドに行ってみてくださいね♪

Posted by oregon37