旅行時ペットの世話どうしてる?ペットホテル・ペットシッターの相場について

2019年3月27日国内旅行, 旅行, 海外旅行

チワワと自動給餌機
うちのチワワと自動給餌機

旅行時、あなたのワンちゃん、ネコちゃんの世話はどうしてますか?

ペットを飼っている方の最大の悩みは、「ペットが心配で旅行に行けない」ではないでしょうか。わたしもチワワを飼っているのでよくわかります。

ペットフードや医療が発達し、ワンちゃん、ネコちゃんの寿命ものびています。猫ちゃんであれば13年~20年、ワンちゃん(小型犬)であれば、11年~16年位でしょうか。

その間、ずっと旅行に行けないのもなんですよね。

そこで今回は、旅行時のペットの世話について詳しく調べてみました。参考になれば幸いです。

 

どうしてる?旅行中のペットの世話

 

ペットは大事な家族。出来れば一緒に旅行したい。ペット可のホテルも増えてきていますので、うちもチワワを連れてよく旅行しています。

でも、難しい場合もあります。例えば、国内線の飛行機を利用する場合です。

国内の飛行機にペットを乗せる場合は貨物室になります。もちろん温度管理はしっかりしているとは思いますが、うちのチワワを貨物室に乗せるのはちょっと不安です。

以前アメリカに住んでおり、うちのチワワをアメリカから連れてきましたが本当に手続きが大変でした。その時は体重がぎりぎり4kg以下だったので前の席の下に置いて一緒に飛行機に乗りました。

一緒にいればペットの状態を確認できるので貨物室ではなく前のシートの下にバッグに入れて乗せたいですよね。

大好きな沖縄や北海道へ旅行する際の悩みは、うちのチワワをだれにお世話してもらうかということです。

旅行中のペットのお世話として考えられる方法は以下になるかと思います。順に見ていきましょう。

 

①友人や家族に預ける

②ペットホテル

③ペットシッター

 

友人や家族に預ける

 

動物好き、実際ペットを飼っている友人や家族に旅行中世話をしてもらえるならそれが一番です。

わたしも旅行中は母に預けています。母の体調が良くないことや、母も一緒に旅行に行きたそうなオーラを感じて、毎回頼むのは心苦しいです。お土産やそれなりに金額は包んでいますが…

もし、友人に頼む場合は、何かあったときにどうするかを細かく決めておきましょう。後々トラブルになるのを防ぐためです。

わたしも友人の犬を長期で預かった時、万一の場合どうするか等けっこうつっこんで話し合い書面に残しました。言った言わないになるし、生き物を預るのは責任重大ですので。

なお、母もうちのチワワも高齢になってきたことや、うちのチワワは友人になつかないことから、次回からペットホテルかシッターさんを頼もうと思っています。

ペットホテルの値段とかどうなのでしょうか。

 

ペットホテル

 

自分のペットの世話をしてくれる頼れる家族や友人がいない方は、まずペットホテルを考えると思います。

空港や空港近くにペットホテルが増えて便利になってきてますね。旅行から帰って預けたペットをすぐに迎えに行けるのがいいですね。

ペットホテルは、動物病院と併設しているところも多く急な体調の変化にも安心できそうです。

ただ、環境の変化に弱いネコちゃんや、うちのような人見知りチワワにはちょっと難しそうなので悩みます。

わたしの友人が利用しているペットホテルは、カメラがありスマホでいつでも自分の犬を確認できるので、いつもそこに預けているそうです。

今回わたしが気になったペットホテルは羽田空港ペットホテルです。羽田空港内にある唯一のホテルでとっても便利そうです。出発間際まで一緒にいられるのもGoodですね。

犬・猫の他、うさぎなどの小動物も預かってもらえます。ワンちゃんであれば1日2回、広いドッグランで遊ばせてもらえます。

気になる羽田空港ペットホテルの料金ですが、一番安い小型エコノミーで6,480円/1日。3,240円/2泊目以降です。

「羽田 ペットホテル」でググって空港周辺のペットホテルの値段を調べたところ、だいたい一番安いゲージで1泊2,500円~3,500円位の相場という感じでしたので、羽田空港内のペットホテルはちょっとお高めですね。

ただ、一緒に空港までいけるしギリギリまで一緒にいられることを考えると値段には代えられないメリットがありますね。

たくさん比較検討して、ペットが安心して過ごせるペットホテルが見つかるといいですね。

 

ちなみに羽田空港に車を駐車して旅行に行かれる方は、ペットホテルと同時に駐車場も予約しておきましょう。とくにGW、年末、夏休み期間は駐車場がいっぱいで停められず飛行機に乗り遅れることが増えているそうなのでご注意くださいね。→『』

 

 

ペットシッター

 

あなたのペットを預けるのではなく、ペットシッターに自宅までお世話しにきてもらう方法もあります。

以前、うちのチワワを2時間だけペットホテルに預けたことがあるのですが、迎えに行った時怯えて怯えて超かわいそうだったので、ペットホテルよりシッターさんの方がいいかなと考えています。

猫ちゃんもお家が一番安心できるので、できればペットシッターさんにきてもらう方がいいと思います。

ただ、自分の留守中に他人が家に入ることに抵抗がある方も少なくないのではないでしょうか。特に一人暮らしの女性は心配だと思います。

猫を持つわたしの友人は、部屋にカメラを付けてシッターさんを頼んでいました。それなら外出先からもペットの様子が見れるし、不正も防げそうです。

気になるペットシッターの相場をググったところ、1時間3,500円位~が相場のようでした。ペットホテルとあまり値段はかわりませんね。

それなら、ペットホテルの狭いゲージに預けるより、いつも生活している自分の家にペットシッターさんに来て頂いた方がいいかも。

 

トラステッド・ハウスシッターズ

 

トラステッド・ハウスシッターズをご存じですか?

2017年から始まった新しいサービスで、登録すると身元調査されokな人だけペットを世話する代わりに、依頼主の家にタダで泊まれるというシステムです。

宿泊費なしで、世界中旅行ができると話題に。

日本でも出来るかな?と、調べてみました。

以下の公式サイトを開いて、「TOKYO」と入れたところ、数件のヒットしたので日本(東京)でも依頼することができそうです。旅行中にあなたのペットをお世話してもらいたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、あなたが旅行先でペットシッターをすると無料で宿泊できるのでそれもいいですね。興味のある方は以下のサイトをどうぞ↓↓

https://www.trustedhousesitters.com/

 

トラステッド・ハウスシッターズに関して、ROKET NEWS24『ペットの世話をすれば宿泊代がタダになる」サービスが登場! 動物と遊びながら世界中を旅行出来ちゃうぞ!!』が分かりやすいです。

わたしもいつか利用してみたいです。

 

アメリカではどうしてる?

 

アメリカは、日本に比べて祝日は少ないものの(年間10日だけ)、休みが取りやすいため手軽に旅行に行けます。その際、ペットはどうしているのでしょうか。

キャンピングカーとかあれば連れていくと思いますが、大体は近所の人に家に来てもらってお世話してもらっているようです。

わたしのアメリカ人の義母は近所に住む同じ教会に通う人に鍵を渡して、一週間10ドルでシッターに来てもらってました。もちろん彼女も犬を飼っているので、その際は義母がお世話しに行きます。

ちなみに、もっと長期で頼みたい場合は広告がでています。1ヶ月住み込みでシッターしませんか、みたいな。

これは大学生に人気のアルバイトなので、比較的すぐ決まるようです。

 

まとめ

というわけで、旅行中のペットの世話についてご紹介しました。

あなたのペットの性格や、お世話してくれる人との相性、費用など考慮し旅行中ペットが安心して過ごせるようにしたいですね。

また、飼い主さんもおもいっきり旅行を楽しめるといいですね。

皆さん、よい旅を❗

Posted by oregon37