唇の乾燥の原因は○○だった!私がリップクリームとさよならできたワケ

2019年8月23日日々のこと

 

リップクリームと口紅

 

長い間、夏でも『唇の乾燥』に悩まされてきました。

どのリップクリームも効かず、気休めに家の至るところにリップクリームを置き常に保湿を心がけていました。

口紅を自然なものにしたり、蒸しタオルをして、はちみつをぬってみたりいろいろ対策はしておりましたがあまり効果はなく、あきらめていました。

そんなとき、意外な “唇の乾燥原因” について知り、

“簡単なあることをしただけ”で、唇の乾燥がすぐになくなりました。

 

私が実践した“あること”を唇の乾燥でお悩みのあなたにご紹介しますね。

 

意外な唇の乾燥の原因とは?

 

唇の乾燥の原因は

 

ズバリ、

 

『口呼吸!』

 

 

 

私の唇の乾燥原因は、“唇の皮膚の問題に違いない”と長い間思い込んできたので、

 

この原因を聞いた時は

『えーっ!?うそでしょ?』

と思いました。

まさに目から鱗の情報でした。

 

口の中は唾液(水分)で覆われています。

しかし、口呼吸により唾液が蒸発し、口内は乾燥状態に。

 

そして、口内にいる常在菌が繁殖。

その繁殖菌が悪さをして、結果唇が乾燥するそう。

 

※2016年11月1日TBS放送「この差って何ですか?」「唇が乾燥する人と乾燥しにくい人の差」参照。

 

 

そういわれると口呼吸かも..                 

 

実は、私は子供の頃から風邪をひきやすい体質で学校や職場をよく休み、周りに迷惑をかけてきました。

 

『なぜこんなに風邪に弱いのだろう』と、40年以上悩んできました。

 

それが「口呼吸」が原因だったとは!!

 

鼻呼吸すれば、鼻毛や鼻の粘膜によりウィルスもある程度撃退できます。でも口呼吸だとウィルスが直接のどにくっつき、感染しやすくなります。

だから超風邪を引きやすかったんです。

口呼吸をやめて鼻呼吸にすれば、唇の乾燥だけでなく、風邪を引きにくくなるという一石二鳥の効果がありそうです。

 

鼻呼吸にする方法とは

 

呼吸は普段、無意識にしているので長年してきた口呼吸を鼻呼吸に変えるのは難しそうです。

 

前述の「この差って何ですか?」の番組内で、鼻呼吸にするために『あいうべ体操』という口の体操ををおススメしていましたが、ちょっとめんどくさいかんじです。

 

そこでネットで検索したところ、

 

口呼吸を鼻呼吸にする、簡単な方法を見つけました!

 

それは、

 

『舌の位置』

 

みなさんは、「舌」を口内のどこに置いていますか?

 

私は、「舌」を置く位置について1度も意識にしたことはありませんでした。

 

 

私の「舌の位置」は、口内の下側にべったりつけていました。そして、舌の先端が舌の前歯にふれていました。

だから不正咬合で下の歯が上の歯の前にでてしまっていたんだと気がつきました。中学からこの受け口を直すために歯列矯正しました。

 

正しい「舌を置く位置」は、口内の上側にぴったり付け、前歯に舌先はあたらないようにするのが正解だそうです。

 

そうすると、自然に鼻呼吸になるのでやってみてください。

 

まずは、気づいた時に舌の位置が上側にあるよう意識します。最初は意識していないと、舌が下側についてしまいます。

慣れてくると無意識でも舌が上側につくようになります。

舌の位置が上になれば、鼻呼吸になります。

 

まとめ                        

 

舌の位置を上に置くように意識したところ、鼻呼吸ができるようになったと思います。

 

何故なら、あんなに悩んでいた唇の乾燥がぴたっとなくなったからです。

 

また、口の中が常に潤うようになり、以前は苦手だったクッキーやパンなどの

乾いた食べ物も嫌ではなくなりました。

 

さらに、風邪もひきにくくなりました。

 

 

「鼻呼吸って大事ですね」

 

唇の乾燥に悩むあなたは、口呼吸かもしれません。

 

舌の位置を意識して、鼻呼吸するようにしてみてください。

 

やっかいな唇の乾きもなくなり、風邪もひきにくくります。

 

Posted by oregon37