【2019年】鎌倉のあじさいスポットまとめ【完全保存版】

2019年3月27日お散歩

鎌倉あじさい

6月は、鎌倉あじさいが見頃になりますね。特に明月院の青いあじさい『明月院ブルー』は、毎年見に行きたくなります。

鎌倉で三大あじさい名所と言えば、明月院・長谷寺・成就院です。しかし、成就院は改修工事でアジサイはかなり少なくなってしまいましたのでご注意ください。

『鎌倉にあじさいを見に行きたいけど、どこに行けばいい?』

そんな方に、とっておきの鎌倉あじさいスポットを徹底的にまとめましたのでご紹介します。

 

2019年鎌倉あじさいおススメスポット

鎌倉あじさい(紫陽花)の見頃は?

まず、鎌倉あじさいの見頃はいつでしょうか。

鎌倉あじさいの開花は例年5月下~7月上旬で、6月上旬~下旬が一番の見頃です。

しかし、2018年はお天気の良い日が多く、桜やバラなど平年より早く開花しました。よって、あじさいもいつもの年より早く開花しそうです。今年は6月上旬~6月中旬が見頃となるのではないかと思われます。

 

見頃については、長谷寺公式サイトであじさいの開花のニュースが参考になります。長谷寺では早咲きのアジサイは5月末に満開になりそうとのことです。

鎌倉あじさいのタイミングを見逃さないようにしたいですね。

 

鎌倉あじさい2大エリアはココ!

 

鎌倉でアジサイめぐりをするなら、以下の2大エリアが中心になります。こちらをぜひとも押さえておきましょう。

では、さっそく見ていきましょう。

 

①北鎌倉エリア

②長谷エリア

 

 

①北鎌倉エリア


北鎌倉エリアは山側です。なのでワビサビのある山寺とアジサイの写真がとりたい方はこちらの北鎌倉エリアがおすすめです。

 

JR北鎌倉駅(横須賀線・湘南新宿ライナーの一部が停車)中心のエリアで、アジサイ寺”東の横綱”『明月院』があります。

北鎌倉エリア内の紫陽花スポットを順番に見ていきましょう。

 

 

円覚寺
えんがくじ/北鎌倉エリア     

円覚寺あじさい

臨済宗の大本山。北鎌倉駅をでるとすぐ円覚寺の総門が目に入ります。境内の一部を線路が通っているユニークな面も。現在も厳しい修行の場です。夏目漱石や島崎藤村などの文豪が参禅したことでも知られています。土日には座禅会や写経会もあるので参加してみてもいいかもしれません。

アジサイは、受付から参道沿い、仏殿の後ろの杉並木、法堂跡、佛日庵周辺で青や白のアジサイが見られます。

 

アジ
サイ
満足度
 
時間 【3~11月】8:00〜16:30 
【12~2月】8:00〜16:00
休日 無し
料金 大人300円
住所 鎌倉市山ノ内409
TEL 0467-22-0478
URL

http://www.engakuji.or.jp/about.
html



山門
桜上に十一面観音、十二神将、十六羅漢像がある。夏目漱石『門』にも登場する。
舎利殿
鎌倉時代に中国から伝わった唐様式を代表する建築物。国宝
洪鐘
高さ295.5cmで関東最大級。国宝

如意庵茶寮 安寧あんねい
円覚寺のお寺カフェ
円覚寺境内を奥に進み、妙香池をすぎると右手に上がる階段を上がる。拝観料(300円)必要。

 

明月院
めいげついん/北鎌倉エリア

 

明月院は別名「アジサイ寺。6月には数千株もの青色のヒメアジサイで境内がブルー一色に。それらの青いアジサイは『明月院ブルー』と呼ばれ多くの愛好者がいます。

とにかく鎌倉アジサイなら明月院はマスト。いかなきゃもぐりです。

 

人気ゆえ平日でもとっても混んでいます。人混みが苦手な人は、えいっという覚悟が必要なくらいです。それでも見る価値ありますのでがんばって訪れてみてください。山門までの階段両側のアジサイは格別です。

円窓『方丈の丸窓』は”悟りの窓”と呼ばれ、裏庭に咲くみごとな花菖蒲が見頃なので必見!

アジ
サイ
満足度
 
時間 【6月】 8:30〜17:00 
【その他】9:00〜16:00
料金 大人300円(6月は500円)
庭園特別公開別途500円
住所 鎌倉市山ノ内189
TEL 0467-24-3437
URL http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/

の他

円窓
方丈の丸窓』は”悟りの窓”と呼ばれ、裏庭が丸く切り取ったように眺められる。6月は見頃の花菖蒲がみえる。

瓶の井戸つるべのい
鎌倉十井かまくらじっせいのひとつで、現在でも使用可。

月笑軒
お寺カフェ
数寄屋造の茶屋。美しい庭園をみながら抹茶と和スイーツが楽しめる。

 

東慶寺
とうけいじ/北鎌倉エリア

白いあじさい

 

東慶寺は、男子禁制の尼寺で江戸時代の幕府公認の『縁切り寺だった歴史があります。境内の松岡宝蔵まつがおかほうぞうには、俗にいう『三行みくだりはん』といわれる離縁状が展示されています。

東慶寺は、四季折々の花が楽しめる花寺で、梅の名所でもあります

アジサイは、日本古来のヤマアジサイの他、ガクアジサイ、終盤の頃には『アナベル』という北アメリカ原産の白いアジサイも見られます。

また、この時期はアジサイと並んで、イワタバコイワガラミの群生も見頃です。ちょっとめずらしい八重のドクダミも見つけてみて下さい。

 

アジサイ満足度  
時間 【4~9月】8:30〜16:30 
【10~3月】8:00〜16:00
休日 無し
料金 大人200円
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
TEL 0467-22-1663
URL http://www.tokeiji.com/
その他

【2018年白蓮舎茶店】
庭のアジサイ・菖蒲を見ながら抹茶を楽しめます。

期間:2018年6月1日(金)~
   6月17日(日)*火曜日定休

時間:10~15時半
場所: 東慶寺内「白蓮舎」

<おまけ>
東慶寺の山門をくぐれば、あと一歩で山門をくぐれなくても、かんざし等身につけているものを山門に投げ入れれば、離婚したい女性の駆け込みが成立するというシステムでした。そんな歴史を感じつつこの山門をくぐってみるのもいいかもしれません。

東慶寺に行く前に、大泉洋主演の映画『駆け込み女と駆け込み男』、その映画の原作となった井上ひさし著『東慶寺花だより』をご覧になっておくと東慶寺がもっと親しみやすく感じられるのでおすすめです。本も映画もけっこう面白かったです。ご興味のある方はぜひどうぞ。

 

 

 

浄智寺
じょうちじ/北鎌倉

浄智寺あじさい

 

浄智寺は、鎌倉五山第4位の禅宗寺院。総門の上に鐘楼(しゅろう・しょうろうとは、梵鐘(ぼんしよう)をつるすお堂のこと)がある中国様式の山門は、とても珍しい造りです。茅葺屋根の書院と美しい庭園が特徴の風情のある静かなお寺です。お寺の裏からそのまま源氏山に出られます。

青、紫、ピンク、白などカラフルなアジサイが楽しめます。山門や参道、境内入り口の湧水『甘露ノ井』の周辺で見られます。

アジサイ満足度  
時間 9:00〜16:30
休日 無し
料金 大人200円
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1402
TEL 0467-22-3947
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/03joutiji.html
その他

仏殿
本尊の阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の三世仏が安置されています。三世仏は、過去・現在・未来の象徴とされています。
布袋尊
鎌倉江の島七福神のひとつで、おなかをなでると元気がもらえるといわれています。

 

海蔵寺
かいぞうじ/北鎌倉エリア

海蔵寺

 

「水のお寺」として知られています。湧水である鎌倉十井かまくらじっせいのひとつ『底脱ノ井』、16の丸穴『十六ノ井』があります。一年中四季折々の花が楽しめる花寺のひとつでもあります。

アジサイは、山門周辺にみられます。

アジサイ満足度  
時間 9:30〜16:00
休日 無し
料金 大人100円
住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷
TEL 0467-22-3175
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/02kaizouji.html
その他

薬師堂(薬師三尊、十二神将)
底脱ノ井(そこぬけのい)
十六ノ井(洞穴の地面に並ぶ16個の穴はいつも湧水が満ちています。)

 

英勝寺
えいしょうじ/北鎌倉エリア

英勝寺あじさい

 

英勝寺は、もと太田道灌の屋敷跡で徳川家康が戦いに連れて行くと必ず勝ったという側室英勝院が開いたお寺。現在鎌倉で唯一の尼寺。水戸徳川のお姫様が代々住職を務めたため水戸御殿』とも呼ばれています。

本堂を中心にしたアジサイ散策路があり、アジサイがみられます。

竹林やビョウヤナギなども楽しめます。

アジサイ満足度  
時間 9:00〜16:00
休日 木曜日
料金 大人300円
住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16-3 
JR鎌倉駅から徒歩15分
TEL 0467-22-3534
URL  
その他

仏殿(国重文)
運慶作の本尊:阿弥陀三尊像
天井画:極彩色の天女や鳥
軒:十二支装飾彫刻 

山門、鐘楼、祠堂、祠堂門(いずれも国重文)

 

建長寺
けんちょうじ/北鎌倉エリア

 

鎌倉五山堂々第一位の由緒あるお寺。けんちん汁の発祥の地として有名です。見晴らし台からは天気が良ければ富士山が望め、ハイキングコースへ抜けられます。

 

アジサイは、広い境内の色々な場所で見られます。終盤の頃には『アナベル』という北アメリカ原産の白いアジサイも見られます。

 

建長寺あじさい

 

アジサイ満足度  
時間 8:30〜16:30
休日 無し
料金 大人500円
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内8
TEL 0467-22-0981
URL http://www.kenchoji.com/
その他

梵鐘(鎌倉三名鐘のひとつ。国宝)
仏殿(東京芝の増上寺より移築。
   国重文)

法堂(雲龍図)
三門(釈迦如来・十六羅漢・五百
羅漢が安置。門をくぐると心が清
められるといわれている 国重文)

半僧坊(天狗)
ペット可

 

ちなみに、鎌倉建長寺の『雲龍図』と、京都の建仁寺の『双龍図』は、どちらも日本画家小泉淳作氏によるもので、力強く素敵な龍の天井画です。

 

浄妙寺
じょうみょうじ/北鎌倉エリア

 

鎌倉五山第五位の足利尊氏・直義兄弟ゆかりの寺。美しい枯山水の庭や銅葺きの本堂があります。梅、ボタン、白フジ、アジサイと四季折々の花を楽しめるお寺。

坂道の上にあるアジサイの丘で、アジサイを楽しめます。

浄妙寺あじさい

アジサイ満足度  
時間 9:00〜16:30
休日 無し
料金 大人100円
住所 神奈川県鎌倉市浄妙寺3-8-31 
TEL 0467-22-2818
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/03joumyouji.html
その他

木造阿弥陀三尊像(国重文)
【木・土・日・祝】限定開帳
10:00-12:00
13:00-16:00
(雨天中止・8月休み)

喜泉庵(境内) お寺カフェ
0467-22-8638

10:00~16:30
枯山水の庭を眺めながら抹茶と和スイーツ

石窯ガーデンテラス(境内) 
0467-22-8851

10:00~17:00(月曜日休み)
石窯で焼いた自家製パンが楽しめます

 

 

②長谷エリア


長谷エリアは、江ノ電の走る海岸側になるので、海や江ノ電をバックにアジサイの写真がとれるのが魅力です。アジサイ寺”西の横綱”『長谷寺』があります。

では、長谷エリアのアジサイスポットを順番に見ていきましょう。

長谷寺
はせでら/長谷エリア

 

広い境内は、上境内と下境内にわかれています。下境内は2つの池をのんびりまわって庭園散策できます(回遊式庭園)。

上境内にある見晴らし台から、鎌倉の海が見おろせます。

眺望散策路に40種2500株のアジサイが咲き誇ります。由比ヶ浜ものぞめインスタ映えばっちりです。竹林もいいですよ。

長谷寺のあじさい

アジサイ満足度  
時間 【3~9月】8:00〜17:00 
【10~2月】9:00〜16:30
休日 無し
料金 大人300円
住所 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
TEL 0467-22-6300
URL http://www.hasedera.jp/
その他

十一面観音菩薩像(室町時代)
阿弥陀如来像(頼朝が42歳厄年作)
弁天窟(弘法大師が籠った)
さわり大黒天(鎌倉江の島七福神)
和み地蔵(やさしい笑顔で人気)
仏足石(お釈迦様の足裏刻んだ石)
千体地蔵(地蔵堂周辺千体の地蔵)

海光庵(境内) おすすめ
10:00~16:00 無休
見晴し抜群の食事処。
精進料理をもとにしたお寺カレー・お寺パスタ・スイーツ

写経・写仏体験
9:00~15:00(約2時間)
写経用紙1000円(道具あり)
枯山水庭園のある書院で写経

 

御霊神社
ごりょうじんしゃ/長谷

江ノ電とアジサイ

 

御料神社は、鎌倉の始祖である鎌倉権五郎景政を祀った神社。鳥居と江ノ電を一緒に写真に収められるインスタ映え間違いなしの人気スポット最高の一枚がとれます。

アジサイは、本殿裏の『アジサイ小道』に色とりどりのアジサイが咲いています。白いアナベルもあります。また、江ノ電の線路脇にもアジサイがあり、江ノ電とアジサイを一枚に収められます。

アジサイの時期は特に混雑します。平日もしくは休日の午前中に出かけると比較的すいています。

 

アジサイ満足度  
時間 9:00〜17:00
休日 無し
料金 大人100円(宝物庫)
住所 神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
TEL 0467-22-3251
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/02goryoujinja.html
その他

福禄寿(鎌倉江の島七福神)
タブの大樹
樹齢400年の夫婦銀杏
面掛行列(9/18例大祭 無形文)

 

極楽寺
ごくらくじ/長谷エリア

極楽寺あじさい

 

鎌倉唯一真言宗のお寺。境内に残る大きな製薬鉢(千腹茶臼)から、当時医療や福祉施設の役割を担っていた極楽寺の歴史を垣間見られます。茅葺の山門が目じるし。桜の名所で、本堂前のひとつの枝に八重と一重の桜が混じって咲く桜は必見です。

アジサイは、極楽寺山門前と、江ノ電「極楽寺駅」から極楽寺切通を下って御霊神社へと続く道がアジサイの名所です。茅葺の山門とアジサイのコラボ写真がとれます。

アジサイ満足度  
時間 9:00〜16:30
宝物殿10:00〜16:00 
休日 無し
料金 無し (宝物殿300円)
住所 神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7 
極楽寺駅から徒歩3分
TEL 0467-22-3402
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/02gokurakuji.html
その他

製薬鉢
桜並木

 

成就院
じょうじゅいん/長谷エリア

一年中四季折々の花を楽しめる花寺。鎌倉七口のひとつ『極楽寺切通し』の途中にあります。

参道に立つと、鎌倉の海が眼下に広がりまさにインスタ映え間違いなしの絶景です。その参道の両脇にたくさんのアジサイがあり、6月には多くの観光客でにぎわいます。改修工事が行われ、残念ながら海側参道のアジサイは今では30本程。その代わりに萩が植えられました。改修工事以前のアジサイは南三陸町に贈られました。

 

アジサイ満足度  
時間 8:00〜17:00
休日 無し
料金 浄財
住所 神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5
TEL 0467-22-3401
URL http://www.jojuin.com/engi.html
その他 弘法大師像

 

光則寺
こうそくじ/長谷エリア

光則寺あじさい

光則寺は、日蓮が「立正安国論」を幕府に提出した場所として知られています。また、一年中四季折々の花、100種を超える山野草が楽しめる鎌倉有数の花寺です。

特に、ハナカイドウの名所として有名。ハナカイドウは、4月~5月にかわいいピンクの花をたくさん咲かせます。樹齢150年のカイドウの古木は必見

こじんまりしたお寺で、静かに時をすごせるので私のお気に入りです。

アジサイは、門前にカラフルなヤマアジサイが見られます。また、日本各地から集められた約200種の鉢植えアジサイは見事珍しいアジサイに出会えます。

アジサイ満足度  
時間 7:30〜日没
休日 無し
料金 大人100円
住所 神奈川県鎌倉市長谷3-9-7 
長谷駅下車 徒歩10分
TEL 0467-22-2077
URL https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kids/jh/kjh_ka12.html
その他 宮沢賢治詩碑
杉聴雨歌碑

 

稲村ケ崎公園
いなむらがさきこうえん/長谷エリア

 

稲村ケ崎公園は、「関東の富士見100選」や「かながわの景勝50選」にも選ばれており、晴れていれば江の島や富士山まで眺めます。ここからの夕日が絶景です。サザンオールスターズの曲でも有名ですね。

稲村ケ崎公園では、鎌倉周辺で古くから自生していたアジサイが見られます。

アジサイ満足度  
住所 神奈川県鎌倉市稲村ケ崎 
稲村ケ崎駅徒歩3分
TEL 0467-22-7272
URL http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/annai/shisetsu/27-2_kaihin_pk_i.html
その他  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

鎌倉あじさいの見どころを北鎌倉エリアと長谷エリア2つに分けてご紹介しました。

ぜひ参考にして鎌倉あじさいを楽しんで下さいね。

皆さま、楽しいお散歩を♪

Posted by oregon37