渋沢栄一の故郷【埼玉県深谷市】おすすめ見所・ランチ・お土産

2019年4月10日お散歩

深谷駅

 

近代日本経済の父と呼ばれている『渋沢栄一』の生誕地が埼玉県深谷市だということはご存知ですか?

次の一万円札に採用されることが決まった渋沢栄一ゆかりの地を訪ねてみましょう。

埼玉で生まれ育った私が、深谷市のおすすめの見所やランチ・お土産をご紹介します♪

 

深谷市の見所

 

深谷市は埼玉県北部に位置する人口14万2千人の都市です。

ゆるきゃらグランプリで上位入賞した『ふっかちゃん』でも知られています。

ふっかちゃんは、ねぎの角をもったかわいいキャラクターで、深谷といえば「ねぎ」をアピールしています。

また、あまり知られていませんが深谷市は「レンガ」の町でもあります。

 

 

◆深谷市の観光スポット

では、深谷市の見所をご紹介します。

 

深谷駅

 

深谷市の玄関口といえば、JR『深谷駅』です。こちらの駅はレンガ造りのすてきな駅舎で『ミニ東京駅』と呼ばれています。また駅100選にも選ばれています。

 

なぜ埼玉北部にこんな素敵な駅が?

理由は、東京駅駅舎や鹿鳴館などに使ったレンガがここ深谷市でつくられていたからなんです。深谷で作ったレンガを使ってつくった東京駅を模して作ったのがこの深谷駅。

だから似ているんですね。

 

煉瓦の建造物が好きな方は深谷駅と東京駅の違いを確かめに深谷市にぜひ足をお運びください。

渋沢栄一が創設した深谷市内の日本煉瓦製造株式会社で煉瓦を作っていたので、市内にレンガ造りの建物が多いのが特徴です。

『煉瓦史料館』を無料で見学できます(土・日休)。

レンガを大量生産するのに活躍した『ホフマン輪窯6号窯』は現在見学中止中です。平成35年に見学が再開されるそうです。

深谷市公式サイト『旧煉瓦製造施設』

 

七ツ梅(旧七ツ梅酒造)

 

深谷シネマ

 

300年続いた七ツ梅酒造の跡地がカフェや雑貨店、古本、シネマ、ライブハウスにリノベされ昭和感たっぷりのレトロなエリアになりました。

よくドラマや映画の撮影にも使われている風情ある建物や路地はSNS映え間違いなし!

 

 

◆渋沢栄一ゆかりの建物

 

埼玉県深谷市は、第一国立銀行の創設者である渋沢栄一の生誕地です。渋沢栄一ゆかりの建物があります。

ぶらっと見学してみましょう。

 

誠之堂

渋沢栄一が喜寿(77歳)のお祝いにプレゼントされたレトロな洋館。コロニアルスタイルで中国の物語風のステンドグラスが素敵です。

深谷市公式HP『誠之堂』

 

清風亭

渋沢栄一の補佐役・佐々木勇之助古希(70歳)記念として1926年に建てられたスペイン風の洋館。誠之堂が木造なのに対して、関東大震災後に建築された清風亭はコンクリートで頑丈な造りになっているのが対照的です。

深谷市公式HP『清風亭』

 

誠之堂も清風亭は、もともとは栄一が創設した第一銀行の保養施設があった世田谷区から深谷市に移築されたものです。現在は、北部運動公園内にある『寄居公民館』のとなりにあります。公民館の方に声をかけてから見学してくださいね。

 

車で5分ほどのところに、渋沢栄一の妹夫婦が立てたという中ん家(旧渋沢邸)や、渋沢栄一記念館、前述した煉瓦資料館も見学できます。それらは、下のマップに赤で印をつけています。

深谷駅からの位置の把握にお役立てくださいね。

 

 

◆おみやげ

 

深谷ねぎ

深谷市の特産品といえば、ネギ。

深谷ネギの特徴は、とても甘いことです。焼いて食べるとその甘さがよくわかります。

深谷ねぎの特徴は、繊維のきめが細かく柔らかいこと、糖度が高く甘いこと、白根の部分が長く、皮を剥くと白く美しいこと、などが挙げられる。特に、糖度は10〜15度前後の糖度があるといわれており、その糖度はミカンなどの果物に匹敵する。冬の深谷ねぎは特に甘いため、すき焼きに砂糖は入れないという人もいる。(ウィキペディアより引用)

 

深谷もやし

深谷もやしは、もやしにしては『高級なもやし』です。一袋200円くらい。

ただ、成長促進剤を使わないこだわりのもやしです。

味も濃く、しゃきしゃきでとてもおいしいと評判。血圧を下げる効果が普通のものより8倍だとか。

お取り寄せできないので、深谷を訪れたらぜひお土産に買うのがおすすめ。

深谷市にある道の駅で買えます。

また、この深谷もやしをたっぷり使った蕎麦が食べられるお店があるので以下で紹介しますね。

 

十万石

 

埼玉といえば、埼玉県民で知らない人はいない「十万石まんじゅう」です。

薄皮でアンがぎっしりで、とてもおいしいですよ。

深谷市内に3店舗あるので、お土産にどうぞ。

 

 

◆深谷市のおすすめレストラン

 

そば遊歩

上で紹介した「深谷もやし」160gがたっぷりのった蕎麦(1200円)がイチオシの蕎麦専門店。
蕎麦は香りのよい長野の八ヶ岳産のそば粉を使用しています。

【営業時間】11:30~15:30 17:30~19:30
【定休日】水曜日・木曜日
     土曜日と日曜日のランチ
【住所】深谷市国済寺493-1
【TEL】048-575-2827

そば遊歩の食べログサイト

 

懐石 亀山

日本庭園がある古民家レストラン。四季折々の食材をゆったり堪能できます。
深谷駅からは約400m。必ず予約してください。

【営業時間】
11:30~15:30 17:30~19:30
【定休日】月曜日・第三火曜日
【住所】深谷市国済寺西島町1-5-15
【TEL】048-598-5400

懐石亀山の食べログサイト

 

粉家

埼玉といえば「うどん」ですよね。
粉家のうどんは、作り置きせず注文が入ってから打つというこだわりの手打ちそば。

打ちたてのうどんはコシがあり絶品。

【営業時間】10:30~15:30 
【定休日】日曜日
【住所】深谷市小前田289-1
【TEL】048-584-5678

粉家の食べログサイト

 

 

◆あわせて寄りたい

 

ガリガリ君のアイス工場見学

 

深谷市に行ったら本庄市にあるガリガリ君のアイス工場見学もあわせて行かれてみてはいかがでしょうか。

無料でアイス試食もできます。

ただ、2ヶ月前からネット等で予約が必要です。

 

ガリガリ君工場見学申込みはこちらの公式サイトから

 

 まとめ

というわけで、新10000円札になる深沢栄一のふるさと埼玉県深谷市の見所・ランチ・お土産を紹介しました。

電車でお越しになる場合は、1日200円で乗り降り自由な深谷市コミュニティバス『くるリン』がおすすめです。

ぜひ、深谷市にぶらっと遊びにきてくださいね♪

Posted by oregon37