もうくっつかない!鉄のフライパンお手入れ方法

2018年9月1日日々のこと

鉄のフライパンのお手入れ方法

テフロン加工のフライパンが、たった4ヶ月で傷ついてしまい、とっても残念ですが取り替えることにしました。

テフロンは、表面が傷がつくと有害な物質がでると聞いたことがあり心配です。すぐに新しいフライパンを探すことに。

しかし、この27cmのフライパンはまだ新しく棄てるにはもったいないし、環境にも悪いですよね。

ということで、うまく使えば一生物になるというエコな鉄のフライパンを購入しました。一生物にするめの鉄のフライパンお手入れ方法について紹介します。

意外と簡単?!鉄のフライパンお手入れ方法

購入した鉄のフライパンを2週間毎日使っていますが、今のところ料理がくっつかずいい状態を保っています♪

鉄のフライパンのお手入れで最も重要なことは、『洗剤を使わないこと』です。

フライパン表面の「油膜」を壊さないことがポイント。洗剤を使うとこの油膜を洗い流してしまうためくっきやすくなります。

鉄のフライパンのお手入れ方法は以下のとおりです。

 
~鉄のフライパンのお手入れ方法~

①お湯か水で洗う
※こびりつきがあれば、たわし等でこする

②火にかけて乾す
③油を少し塗る

 

たった3ステップ! 簡単ですよね。

なお、使う際にも注意が必要です。けっこう重要なので実践してみて下さいね。

 

~鉄のフライパンを使う際に気をつけること~

①食材を入れる前に、フライパンを熱してから入れること
②油を少し多めに入れること

 

これで、かなりくっつきが防げますので使用時は忘れずに行って下さいね。

テフロン製フライパンが鉄製より楽チンは間違い?!

テフロンのフライパンはくっつかなくて、軽いし楽だからって皆さん使ってますよね。

私もそうでした。

テフロンの場合、金属製のフライ返しを使うと剥がれてしまうため、シリコン製や木製のフライ返しを使ってみなさんやさしく料理されているかと思います。

でも、それだけじゃだめなんです。

今回初めて知ったのですが、空焚き禁止高温禁止(260℃以上だと表面のコーティングがはがれやすくなるのでNG)。弱~中火で使わないといけないそうです。

みなさんご存じでしたか?

また、高温で使うと有毒ガスが出て危険という説もあります。

わたしは、高温になる天ぷらや唐揚げを平気で揚げたりしちゃってました。

温度に気を使わなければならないテフロンのに対して、鉄は高温が得意なので気にせずジャンジャン使って大丈夫です。

鉄分も微量ですが摂取でき、健康にもよさそうです。

また、鉄のフライパンは洗うときもたわし等でガンガンこすれます。

一般的にテフロンの寿命は1年~2年位といわれています。洗剤も使わなくていいし、うまく使えば一生もので地球にもやさしく、使用やお手入れ方法も鉄のフライパンの方がテフロンより実は楽チンな気がします。

皆さんはどう思われますか?

購入した鉄のフライパンは?

わたしが今回購入した鉄のフライパンをご紹介しますね。使いやすくおすすめです。

やっぱり一生使うなら安心の日本製がいいですよね。初の南部鉄器です。

注ぎ口が2つあり、持っているフタではぴったり閉まらないのがちょっと残念ですが、シンプルであきのこないデザインがいいです。やっぱり重いですが持ちやすく使いやすいです。

こちらのアメリカ製Lodgeのコンボクッカー。キャンプでダッチオーブンとしても使えそうでいいですよね。上記南部鉄器とこちらのLodgeと迷いました。

次はこちらを買ってみようと思います。

よかったらチェックしてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、鉄のフライパンのお手入れ方法について紹介しました。

鉄のフライパンにしたら、スクランブルエッグが美味しく作れるようになりました‼

鉄は保温率が高いのでスクランブルにする場合、早めに火を消し余熱で半生に仕上げています。

こういうちょっとしたコツや知識をいかして、この鉄のフライパンを一生ものにしていきたいと思います。

環境にもいいですし、焼き物も美味しく作れるので鉄のフライパンにして良かったです♪

まだテフロンを使っている方は、そろそろ鉄のフライパンにされるといいですよ♪

Posted by oregon37